正しい外壁塗装をするために

あなたのご自宅、経営するアパートなどの
外壁をじっくりご覧になったことはありますか?

あなたのご自宅、経営するアパートなどの外壁をじっくりご覧になったことはありますか?
塗装が剥がれたりヒビが入っていたりしていませんか?
「建ててまだ10年も経ってないから大丈夫」なんて考えは危険です!
外壁の塗装が剥がれていたりヒビが入っていたり、また実際に触ってみて粉のようなものが手に付着(チョーキング)したら、それは外壁塗り替えのサイン。
使用されている塗料の種類や外壁の素材によって劣化の進行はさまざまなので、あくまでもこのサインは目安となります。

ですが放っておけば「ちょっとのヒビが大きくなってる!」なんてこともあるのです。
もしこのような症状が現れたらビックメンダーにお気軽にご連絡下さい。無料診断いたします!
診断のみとおっしゃって頂けたら、営業の話はしませんので、ご安心下さい!

塗装の3工程

01
下地処理

下地処理
外壁塗装のポイントは下地処理と下塗りです。
下地処理というのは塗料を塗る面への塗装前の最初の作業のことで、下地をきれいに処理しないで塗装をすると上層の塗装がうまく馴染んでくれません。表面の劣化した塗膜やホコリ、コケをしっかり落とし、水で圧力をかけて洗い落とします。そうしないと、剥落したり、雨漏りの原因になり、塗装自体の持ちが悪くなり、見栄えもよくなくなってしまいます。
ひび割れた外壁部にコークング(ひび割れ充填)をして雨漏りやシミの原因になることを防ぎます。

目地やサッシ周りもしっかりコーキングをして作業に当たらないとヒビ割れの原因になることもあります。
下地処理は塗装の仕事の基本の基本です。

丁寧に丁寧に下地処理をして少しでもきれいな状態で次の工程に進みます。

02
下塗り

下塗り
下塗りは外壁部と塗料をつなぎとめる接着面を作る作業でもあります。
塗料の性能を十分に発揮させるためにも下塗りで厚い塗膜を作っておく必要があります。

下塗りをいい加減に済ませてしまうと、ヒビ割れの原因になります。
塗装の仕事は仕上がりはどんな場合でもきれいです。
少しでも長く持たせる技術があるか、長く持つ仕事ができるかが下塗りにかかっています。

03
中塗り上塗り

中塗り上塗り
しっかりした下塗りができればあとは塗料の特性が生きるような塗装の仕上げに入ります。中塗りで色合いや塗料の馴染み具合を確認しながら、仕上げの色合いを確認しながら上塗りをします。
塗膜の表面は一番劣化が進む部分です。しっかりと塗膜に厚みをつけて長く持つ塗装を心がけています。
中には中塗りをしないで上塗り1回だけという業者もいるようです。そんな手抜き塗装は数年のうちに色合いが落ちてきます。
塗料の特性を引き出し見栄えをよく、少しでも長持ちする仕上げは職人の腕にかかってきますが、その点が一番自信を持っておすすめできる部分でもあります。

塗装のポイント

  • 塗り替えの目安の周期は?

    あなたのご自宅、経営するアパートなどの外壁をじっくりご覧になったことはありますか?
    塗装が剥がれたりヒビが入っていたりしていませんか?

    「建ててまだ10年も経ってないから大丈夫」なんて考えは危険です!
    外壁の塗装が剥がれていたりヒビが入っていたり、また実際に触ってみて粉のようなものが手に付着(チョーキング)したら、それは外壁塗り替えのサイン。
    使用されている塗料の種類や外壁の素材によって劣化の進行はさまざまなので、あくまでもこのサインは目安となります。

    ですが放っておけば「ちょっとのヒビが大きくなってる!」なんてこともあるのです。
    もしこのような症状が現れたらビックメンダーにご連絡下さい!

  • 雨漏りは外壁が原因の時もある!

    雨風が強い時にのみ雨漏りするようでしたら、屋根・屋上・バルコニー等ではなく、外壁(ひび割れ・穴・隙間・爆裂等による)が原因の可能性が高いです。

  • 外壁塗装は下地処理が命!

    外壁は年月が経ちますと、塗膜の劣化だけではなく、建物の壁そのものが劣化し、ひび割れ・爆裂(崩れ)等が起きてきます。
    その状態のまま表面だけを塗装してしまいますと、塗りたて時はキレイですが、1年もたたないうちに悪いところが顔を出してきます。

    そのような事態にしないためには、下地処理をしっかり行うことが重要となってきます。

  • 塗装についての豆知識

    外壁塗料の種類は非常に豊富です。
    安価なもの高価なもの、耐用年数が短いもの長いもの、さらには最先端技術塗料(光触媒:光が家を洗います。
    つまり自然洗浄できる塗料です。)まで数多くあります。

    業者の中には、依頼者に塗料の知識がないからといって適当な塗料を選択する場合がありますので、最低限の知識は身に付けておきましょう。